本文へスキップ

 建物調査・診断、設計・工事監理、住まいづくりのコンサルタント[神戸/大阪]

お問合せ・ご依頼は、  078-855-3871
E-Mail:yas_arch.1004@mbr.nifty.com

ご挨拶company

 
 新年度が始まり、ホームページも一新しました。現在、まだ、作成中で内容的に不十分なところが多々あります。今後、少しづつ、整備し、内容も充実させていきますので、お気づきの点などございましたら、ご指摘いただければ幸いです。

 安水建築事務所を開設して、早や14年になります。最初は、どうしていいのか解らず、ずいぶんと悩みましたが、それでも、多くの人と出会い、多くの事をやらせていただき、多くの経験をしました。マンション内覧会の同行、住宅の検査、建物調査、耐震診断、新築・リフォームの設計、工事監理、確認申請、そして、欠陥住宅を得てしまった人の悩みを聞いて、なんとか解決しようと裁判所までも行きました。

 建築をやっていて、最も大きな出来事は、阪神・淡路大震災でした。1995年午前5時46分、忘れもしません。当時、私は、西宮市の中央部に住んでおり、まさしく、激震地でした。私がトイレに行こうと夢うつつ、立ち上がった時のことです。どどどーと、異常な大きな揺れと音でした。すぐにこれは、地震だと解ったのですが、これは夢ではないかと思いました。すぐに家具が倒れ、食器は割れ、さらに揺れが続き、家の中は悲惨な状態でした。揺れが納まり、すぐに外に出たら、廻りの木造の家は全壊し、まるで戦場のようでした。幸い私は大丈夫だったのですが、多くの人の命と財産が奪われ、多くの家族の幸せが奪われました。私は、その出来事に対し、大したこともできず、自分の非力さを嘆きました。そして、人の命、財産を守り、家族の幸せを育む建築がいかに重要なものであるかを思い知らされました。

 それから平成17年の、あの一級建築士による耐震偽装事件、人と財産を守るはずの建築士が自ら、構造計算書を偽装し、多くの人に不安を与え、財産、幸せをも奪った。そして、5年前の東日本大震災、昨年の熊本地震。建築士という仕事は、人と深く関わり、その人の人生、幸せをも大きく左右するものなのです。建築士として、私ができること、それは、人の命と財産を守り、人を幸せにすることなのです。

 全く、何もないところから、プランを考えて、それが実現し、そして、そこで暮らす人がが幸せになっていく。住宅というのは、その人にとってみれば、一生に一度の最も大きな買い物です。自分の家を持ちたいと思っている人の共通の願いというのは、絶対に失敗したくない、快適で安心・安全な家に住んで、家族団欒、幸せに暮らしたいということです。それに関わり、その期待に答えられたときに、多く喜ばれ、そして、多く喜ばれた分、私も喜びが大きくなるのです。

 建築を目指して37年、安水建築事務所を開設して14年、これまでの経験、知識でもって、建築士として、多くの人と多くの喜びを分かち合うため、全身全霊この仕事に打ち込む決意です。どうぞ、この考えに共感を持たれた方、安水建築事務所の扉をたたいて下さい。
平成29年4月1日

安水建築事務所 代表
一級建築士 安水 正

代表者の経歴

 1977年3月  兵庫県立芦屋高等学校卒業     
 1984年3月  大阪工業大学工学部建築学科卒業
 1984年4月  株式会社あめりか屋入社
 1989年12月  一級建築士取得 No.229648
 1995年1月  阪神・淡路大震災に遭遇
 2001年6月  株式会社あめりか屋退社
 2002年1月  安水建築事務所設立
 2002年4月  日本工科専門学校非常勤講師
 2006年5月  株式会社アーキアシスト設立
 2009年4月  大手前大学住居学科非常勤講師 現職